最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« リフォーム工事前の現状調査 | トップページ | 木構造セミナーin西粟倉・森の学校 »

2009年6月27日 (土)

土壁で外張り断熱の家  断熱サッシについて

あれから、3週間経ちます。

この敷地は、次世代省エネ基準のⅣ地域なんですが、冬の豪雪(1.5mの積雪量)を考えて、Ⅲ地域並の仕様を基準にしています。

断熱サッシがつきました。

リビングの東面の窓から、遠くに山が見え、いい感じです。

下の窓は、すぐ近くの田んぼが小高くなっていて土手が見えるだけなので、吹き抜けにFIXをつけて 正解でした。

サッシ周りの気密テープも一部施工されていました。

Img_4130a_2

断熱サッシはアルミと樹脂の複合サッシで、ガラスはLOW-E複層ガラス。

アルゴンガス入りです。

断熱にこだわるなら、少々高いですが、これですね。

この家は、敷地の関係で東と西に大きな窓があるので、東西面だけ、遮熱LOW-Eガラスにしました。

LOW-Eだけだと、日射を40%カットで、遮熱LOW-Eガラスだと、60%カットだそうです。

しかも、外から見たら、あんまり中が見えないので、この家のような上部が斜めのFIXには、カーテンやブラインドが付けにくいので、丁度良かったです。

Img_4134a

外張り断熱の場合、柱の外側に断熱材と同じ厚みの受け材を取り付けて、それにサッシをつけるのですが、アルゴンガス入りのLOW-Eガラスは、とても重いので、大きな掃き出しサッシは下がってくるような感じです。

掃き出しサッシの下部には、補強を入れるように お願いしました。

ウッドデッキのあるところは、それに乗せるようになるので、今は仮補強でよいのですが、それ以外のところは、基礎を膨らますなど、しっかりした補強が必要です。

今日は、左官さんが内部の土壁(裏返し)を施工されていましたが、昼で完了されました。

コンセントボックスや、スイッチボックスも、つけられていました。

これで、しばらく乾かして、乾いたら、外部に断熱材(フェノール樹脂)を取り付けます。

内部の基礎面にも 断熱材を貼って行きます。

通常、基礎断熱は型枠に取り付けて、コンクリートを打つことが多いのですが、ここは、施主さんが自分で貼られるそうです。

薪ストーブの後ろの壁のレンガも自分で積まれる予定だし、外壁の板の塗装もご夫婦でされています。もちろん、まだ、取付けていませんが。

外張り断熱材の1番下の受け材も、シロアリ防除のエコパウダーを4面塗ってから、大工さんに付けてもらってくださいと、お願いしました。

できることは自分たちでされるので、結構、セルフビルドです。

塗料や材料の選び方や買い方、施工の仕方は、私が指導しています。

なるべく、素人でも扱いやすく、自然系のものを選んでいます。

大工さんもすごく協力的なので、助かっています。(前もって木材等を持ってきてくれたり)

こうやって、ご自分で手をかけられると、ローコストにもなるし、ずいぶん愛着が沸くことでしょう。

いろいろとこだわりを持ってされているので、いい家になりそうです。

« リフォーム工事前の現状調査 | トップページ | 木構造セミナーin西粟倉・森の学校 »

土壁で外張り断熱の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壁で外張り断熱の家  断熱サッシについて:

« リフォーム工事前の現状調査 | トップページ | 木構造セミナーin西粟倉・森の学校 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ