最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 讃岐うどんと丹下健三 | トップページ | 大山滝とイワカガミ・・・・癒しの蛍 »

2009年6月 7日 (日)

土壁で外張り断熱の家 土壁の表側塗

棟上して3週間経ちました。

土壁の表側(外壁外面)が塗られています。

Img_3969a

明日から、大工さんが入り、サッシ枠を入れて、サッシ周りの土壁も作るそうです。

それが乾いたら、今度は裏返し塗り。(室内側を塗る)

土壁の家は通常とは違い、土壁が乾くのに時間がかかります。

夏でも、最低2ヶ月は現場を空けて、土壁を乾かさないといけません。

しかも、この家は外張り断熱。

外壁の室内側は呼吸しますが、室外側は、断熱材施工後は気密になるため、乾かせません。

外に断熱材を張る前に、気密のための発泡フォームも施工しなければならないし、サッシ周りには気密テープも施工します。

Img_3981a

力強い丸太の中通しと、それを支える丸太の柱。

これが、リビング・ダイニングのほぼ中央になります。

天井の登り梁・ぶ厚い杉の野地板も、完成後も このまま見えます。

屋根には、薪ストーブの煙突もつけられていました。

この段階で、電気配線工事や、換気扇工事なども施工しないといけません。

(天井配線は、屋根仕舞い前に施工済)

さて、どんな仕上がりになるか、楽しみです。

ところで、野鳥のキセキレイのヒナは、もう完全に巣立っていなくなったそうです。

「全然、帰っても来ない」と施主さんが寂しそうに話されていました。

野鳥の巣立ちは、早いですね。

巣はもぬけのカラになっていました。

でも、無事巣立って良かった良かった。

« 讃岐うどんと丹下健三 | トップページ | 大山滝とイワカガミ・・・・癒しの蛍 »

土壁で外張り断熱の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壁で外張り断熱の家 土壁の表側塗:

« 讃岐うどんと丹下健三 | トップページ | 大山滝とイワカガミ・・・・癒しの蛍 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ