最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 古材と古色塗り(セルフビルド) | トップページ | 土台据付と野鳥の卵 »

2009年5月 4日 (月)

基礎のチェック

基礎は大事です。

業者任せにせず、できるだけ現場を見にいきましょう。

写真はたくさん撮っておきましょう。

これは、現在新築中の木造住宅のべた基礎です。

犬走りも同時に施工します。(建物がほぼ完成してから、施工する場合もあります。)

この写真は土間の鉄筋の配筋中です。

基礎の立ち上がりの下には 地中梁があります。

Img_3008a

この段階でのチェックポイントは・・・

①防湿シートの重ねはきちんと200mm程度取れているか?

②土間の鉄筋、地中梁の鉄筋の太さ・間隔は図面通りか?

③土間の鉄筋の下にスペーサー(50~60mm角の小さなコンクリート)がきちんと設置されていて かぶり厚さが60mm以上確保されているか?

④基礎立ち上がりの縦筋の間隔は?頭には、フックがあるか?(異形鉄筋でも必要)

⑤給排水の配管位置は、正確か?雨水排水管もチェック。

(本当は、この段階ではなく、土間の防湿シートや鉄筋を配筋する前でないと、大きく違っていたときには直しにくい。)

土間のコンクリートを打つと見えなくなってしまうので、手直しができません。

厳重にチェックし、不備があれば直してもらいます。

コンクリートを打つときは、設計図仕様書等に 基づいたコンクリートを打っているかどうか、配合報告書をお願いしておきましょう。(試験体=サンプル を取ったり、圧縮試験をするのではないので、お金もいらないし、そんなに大変じゃありません。)

コンクリートの水セメント比、強度、スランプ等は、把握しておきましょう。

図面や仕様書に記載されてなければ 設計者や現場管理者に聞いてみましょう。

ちなみにこの現場では、コンクリート強度24、水セメント比55、スランプ18でした。

コンクリート強度24だと 100年程度の耐久性があるそうです。

水セメント比は60%が標準ですが、中性化速度は60年で、これを55%にすると、120年になるそうです。

長寿命住宅にしようと思ったら、基礎のコンクリートは大事です。

バイブレーターで、気泡なくきちんと打設されているかどうかも、見てください。

この現場では 床下の空気が室内にも回るので、床下をきれいに仕上げたいので、金コテ押えを左官さんに頼みました。

土間コンクリートを打つときに、左官さんにも来てもらい、押さえてもらいました。

犬走りも同時に施工する場合、水勾配にも気をつけましょう。

 ※水勾配:雨水が外に流れるようにゆるやかな傾斜をつけること

Img_3157a

土間のコンクリートが打てたら、今度は大工さんに墨を出してもらいます。

その墨出しに基づいて、立ち上がりの型枠を組みます。

この現場では、鋼製型枠でした。

アンカーボルトはこの段階で、設置しておきます。(コンクリートを打ってから、田植え式に差しこむことはやめましょう。きちんと施工できません。)

そのために、大工さんに土台の継ぎ手位置を聞き、基礎伏図に記入して、基礎を施工する人に渡しています。(設計者か現場監督の仕事)

この段階でのチェックポイントは・・・

①アンカーボルトが、図面通りに設置されているか?

②内部の換気口の位置が、図面通りに設置されているか?(この現場では外部に換気口はない。)

③立ち上がりコンクリートの厚み

④立ち上がり鉄筋の配筋の確認

⑤独立基礎部分の位置、大きさ

(この現場では、300mm角大黒柱2本と太い丸太の柱が2本あるので、その部分の基礎を大きくしている。)

この現場では、土間コンクリート厚さも、立ち上がりコンクリート厚さも、150mmでした。

普通はしませんが、ここは、施主さんが室内の土間に養生シートを敷きました。土壁なので、土間の汚れ防止のために。土壁施工後に撤去します。

4月末に立ち上がりコンクリートが打てたので 2週間の養生期間を経て、5月中旬に予定通り、棟上げができそうです。

« 古材と古色塗り(セルフビルド) | トップページ | 土台据付と野鳥の卵 »

土壁で外張り断熱の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎のチェック:

« 古材と古色塗り(セルフビルド) | トップページ | 土台据付と野鳥の卵 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ