最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 地域型伝統構法の公開実大実験 | トップページ | 自分の家の古材利用と古家の処分 »

2009年3月 3日 (火)

土壁の熟成

以下はおととしの夏の現場です。

現場の空き地で2か月近く土を寝かせ、熟成させました。

下の写真は一昨年の夏、現場で熟成させている土コンです。

P8090037

現場に4m×6mぐらいの場所に道板で囲いを作り、ブルーシートを敷き、

土コンを入れ、週に一度、ワラスサと水をを混ぜながら、クワで耕します。

終わったらまた、乾かないように ブルーシートで蓋をします。

初めは施主も自分で耕しましたが、かなりの重労働なので、途中から左官さんの仕事になりました。

においはかなりくさい。肥貯めのような においがします。

でも、化学的なにおいではないので、いやなにおいではないのです。(私は)

炎天下に、汗を滴らせながらの土練りは 大変でしたが、 とても粘り強く、良い土ができました。

塗った感想も 左官さんに聞きましたが、熟成させないものと まったく違うそうです。

時間と場所があれば、実践したいですね。

« 地域型伝統構法の公開実大実験 | トップページ | 自分の家の古材利用と古家の処分 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壁の熟成:

« 地域型伝統構法の公開実大実験 | トップページ | 自分の家の古材利用と古家の処分 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ