最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 庇のない家 | トップページ | 土壁と冷輻射 »

2009年1月30日 (金)

建築家?

今日は雨模様ですが、暖かいですね。

庭の山茶花がきれいな花をつけています。

Img_1490a

ところで、建築家って どんな人でしょう?

「あなたは、建築家ですか?」と 聞かれれば、「私は 違います」と答えます。

設計事務所を主宰していれば、「先生」と 呼ぶのが礼儀(?)だと思って、

メーカーや下請け業者さんの中には、そういう呼び方をする人もあります。

建築家というのは 家は自分の「作品」で、自分のイメージを大切にして設計を行うものらしいです。

私は施工会社出身なので どうも「建築家」には いいイメージがないのかもしれません。

納まりも良く知らないのに、変わった設計をして、(凡人が思いつかないような)施工者を困らせたり・・・。

施主がびっくりするのが快感、という人もいるらしいです。

そもそも、家って誰のものでしょうか?

住む人のものですよね?

雨の日に傘をささないと、リビングから寝室に行くことができない家も見たことが ありますが、それって 誰が喜ぶのでしょうか?

とは言っても、素晴らしい設計をされる建築家の方も たくさんおられます。

そういう家は、居心地が良くて、ず~っとそこに留まっていたくなります。

私は、どうせなら そっちを目指したいです。

施主が本当に喜んでくれる家を。Scan0001_2

去年、リフォームした家ですが、80代のお父さんのために、娘さんが依頼してこられました。

病気がちだった、お父さんも、リフォームしてご自分の過ごしやすい部屋を作ってから、ものすごく元気になり、友人を家に呼んだりして、毎日「ルンルン」だそうです。

住まいは人を元気にするんです。

その娘さん(私の友人)は、「人を幸せにできる、あなたの仕事は最高だね。」と言ってくれ、建築士冥利(?)に尽きると、思いました。

これからも、人が本当に暮らしやすく、心地いい住まいを目指したいと 思います。

« 庇のない家 | トップページ | 土壁と冷輻射 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築家?:

« 庇のない家 | トップページ | 土壁と冷輻射 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ